ヨガ&マクロビオティックインストラクター Kiyomiのひとりごと........
自然のバイオリズムにのって、なりたい自分になる方法☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シローアヴィヤンガ

20080625234052
アーユルベーダトリートメント”シローアヴィヤンガ”でリラックスされたSさん。

シローアヴィヤンガとは、”シロー”=頭 ”アヴィヤンガ”=全身オイルマッサージ、を表すサンスクリット語で、首から上・頭部のオイルマッサージです。
頭部を刺激しほぐすことで全身マッサージに匹敵する効果があります。ドーシャ(体質を表すピッタ・ヴァータ・カッパ)に合わせたオイルを使用し、マルマ(ツボのようなもの※東洋医学でのツボとは異なるポイント)を刺激しながら頭皮・顔・デコルテをマッサージします。
老化防止とされるこのトリートメントは頭部のコリをほぐし、肩こりや目の疲れをとり、疲労回復や緊張の融和、不眠の解消、ナーバスシステムの調和などにも効果的で、顔の血行もよくなり皮膚にハリを与えます。また、首・額・頭頂部をリラックスさせることで上部3つのチャクラを活性化し、深いリラクゼーション効果が得られます。

このようなアーユルベーダトリートメントの前にはマントラを唱え、クライアントとの呼吸を合わせます。そしてまずは眉間のチャクラに瞑想用のオイルをつけ(私の手首にも同じものをつけます)リラックスしていただくところからスタート・・。

セッションの後は翌日まで頭部のオイルをキープしていただきたいので、写真のようにバンダナを巻いて過ごしていただくことをお薦めしています。(Sさん、かわいい!)クリパルセンターでもこうしています。

この至福のトリートメント是非おすすめです!



スポンサーサイト


  1. 2008/06/25(水) 23:40:53|
  2. アーユルベーダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Chopra Center & spa at DREAM

20080523213140
今回"DREAM"をチョイスした大きな理由に敬愛するDeepak Chopra氏のスパがあるからなのです。写真がチョプラ氏です。彼はM.Dでありヨガやアーユルベーダの哲学をノースアメリカに広めてきた人。いつか彼に会うのが夢です。

スパではヨガや瞑想も受けられます。ここでのアーユルベーダトリートメントは至福の時でした・・。



  1. 2008/05/23(金) 21:31:40|
  2. アーユルベーダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アーユルベーダ?

20080521234858
アーユルベーダトリートメント法の一つ、SHIRO-ABHYANGA-NASYA (SAN) のトレーニングの様子です。頭皮と上半身のオイルマッサージとハーブスチーム、それに鼻腔のクリーニングをします。かなりのデトックスです。



  1. 2008/05/21(水) 23:48:58|
  2. アーユルベーダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アーユルベーダ

20080521070616
今回のアーユルベーダボディーワークのプログラムはクリパルヨガセンター”HERLING ATRS”の最高責任者&アーユルベーダコンサルタントであるHilary Garivaltisが少人数制で直接指導するというとってもレアなものでした。今回でレベル2を修了。※もちろんアーユルベーダドクターがオブザーブしています。

一日8時間近く、ひたすらアーユルベーダの哲学やトリートメントを学びます。トリートメントの練習はレシーバーにもなるのでずーっとオイル漬け。(もちろんとっても質のいいオイルなので、丸一日は洗い流さずにいます)

正直言ってKIできちんと勉強するまでは、アーユルベーダの3つの肉体とマインドのドーシャなどや食事法などがマクロビオティックと混同してしまいそうでしたが、そんな不安もすっかり解消でき、マクロビオティック同様アーユルベーダのパワフルさにすっかり魅了されました。

トレーニングは8名(男性1人)の小さなグループなので事細かな指導が受けられました。ちょっとびっくりしたのはVISHESH(ボディーマッサージ)は全裸(ショーツ代わりのタオルをおきます)で受けるのですが男性もフツーに一緒。はじめはなんだか照れていた私もすぐに慣れてフツーに真剣な施術してました(笑)。

春の緑と空気に囲まれた環境とオーガニックべジタリアンフード・ヨガ・アーユルベーダトリートメントですっかり心身ともに完全デトックスされた時間。ムーンサイクルも重なったのでまさに”REBORN”です。

鼻腔をクリーン(ミューカスを排出します)にし、3rd EYEをクリアにするNASYA(いわゆる鼻洗浄!)はすっかり朝の習慣になりました。

そしてこのプログラムを通して、ヨガの練習とは、日々の言動や心の持ち方、食事法、アサナ(ポーズ)や呼吸法はもちろん、アーユルベーダのトリートメントも欠かせないことがよくわかりました。本当にパワフルです。

写真は向かって左がHilary 右はメキシコから参加していたElizabeth




  1. 2008/05/21(水) 07:06:16|
  2. アーユルベーダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。