FC2ブログ

ヨガ&マクロビオティックインストラクター Kiyomiのひとりごと........
自然のバイオリズムにのって、なりたい自分になる方法☆☆☆☆☆☆☆☆

間違えてました!

間違ってました。

前回ロルフィングを受けた後、私は身体を理想の動きにもっていこうと、練習していました。でも、それは、いけないことなのだそうです。

今ある状態を意識することが重要で、動き自体を変えようとすると、そのことでよくない癖がついてしまう、ということです。

”練習好き”の私としては、少し寂しいのだが・・。

すでに少し癖がつき始めていた私でしたが、今日のロルファーさんの施術で理想の動きに近づけてもらいました。

右脚、問題児です・・。

ベットに横向きになり、私の足の裏と膝、骨盤を意識した動きに合わせ、ロルファーさんの魔法の手が脚の筋膜をほぐしていく。

リラックスしてしまい、ロルファーさんからの問いかけにも、「あー・・・」「うー・・・」と羊のような声で返事をしてしまう状態だった。

終了後は、しっかりと右の足の裏側の内側が床につくようになった。まだ、脚全体はその変化についていけていないような違和感はあるのだが、段々と慣れていくのだろう・・。

頼むよ、右脚クン!!





  1. 2006/07/12(水) 23:22:51|
  2. ロルフィング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キター!!

キマシタ!右足の今までには感じたことのない部分の筋肉痛!

そして、左脚全体もかすかに・・。きっと、右脚クンの動きに合わせて、微妙な調整をしてくれているんだろうなぁ。

人の身体ってすごいですよね・・!



  1. 2006/07/11(火) 11:29:44|
  2. ロルフィング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土踏まず

今日はロルフィングの日。楽しみだ。

いつものように、まずロルファーさんに身体を観察してもらう。今日は足首から下にフォーカスし、施術というより、私自身が身体を動かしてBESTもしくはBETTERの状態に近ける方法をとるようだ。

観察してもらった結果、私の右足の土踏まずは左よりも面積が狭く、高さがあることが分かった。その為に、足の裏の内側に体重がかかりにくいのだ。

内側に体重をかけようとすると、ひざが内側に入ろうとする。

椅子にすわって、ひざを動かさずに、右の足の裏側の内側を床に安定させる練習をする。床に押し付けるのではなく、床にリラックスさせる、のだという。難しい!

これまでとは、違う筋肉の使いかたをしなくてはならない。意識改革!!

練習するうちに、なんとなく身体が覚えたようだ。立って、もう一度みてもらって、確認する。そして、歩いて・・。
うーん、難しい。練習だ!

終了後、ずーっと意識して歩く。揺れる電車の中でも・・。(怪しい・・?)
  
これは、少し時間がかかるかもしれないが、だいぶ慣れてきた。

明日、筋肉痛になるかもしれない、でもそれは、新しい動きが始まった証拠。
ウフフ、楽しみ・・!





  1. 2006/07/11(火) 00:18:03|
  2. ロルフィング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私はF1ドライバー

今日は、ロルフィングの4回目のセッションだった。(正確に言うと初回はコンサルテーションの日ということなので今日は3回目だそうだ。)

今日フォーカスするのは肩と肩甲骨だ。まず、いつものように立った状態で前後左右から身体を観察してもらう。

これまでのセッションで(まだ3回なのに、、)まっすぐに整った姿勢を褒めてもらった。なんだか、嬉しい。

そして、腕を伸ばしながら手を横から上にあげていく動きを見てもらい今日フォーカスする部分を観察してもらう。

その結果、腕を肩より上にあげるところまでくると、背中の上の方を後ろに反らしている、ということが分かった。

いよいよ、施術開始。肩、肩甲骨、肋骨を中心に、そして、骨盤に脚を私の呼吸に合わせてほぐしていく。つながっているんですね、やっぱり、身体全体は、、。
まさに、そこ(!)というところを、ピンポイントにほぐしてくれる。

仙骨を下に引き、身体全体のバランスをとって終了。気持ちいい。

最後にもう一度立った状態を観察してもらう。いい感じだ。特に手を上にあげていく動きの肩と肩甲骨の動きが劇的に変わっている。

もちろん、私自身もしっかりと感じる。一言で言うと、腕と胴体の間(わきの下周辺)にあり、私の動きを制限していた見えない糸をプツンと切ってもらった感じ。

なんだか、思った。私はF1ドライバー、ロルファーさんはメカ二ック、そして私の身体が車。

いちばん車の乗り心地を感じることができるドライバーと、車の走りを客観的に見て、また、ドライバーから乗り心地を聞くことで車の動きを整えていくメカ二ック、そのチームワークで車のより良い動きを追及していく。

今日もMさんとのチームワークで成果を出せた。すごく嬉しい。

帰る途中の駅の上りのエスカレーターで、下から吹きぬける風に少し揺れた自分の腕を見て、思わず微笑んだ。肩の動きがこんなにもスムーズになったのだ。



  1. 2006/07/05(水) 23:51:23|
  2. ロルフィング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

Rolfing (ロルフィング)

今日はロルフィング13回のセッションの3回目の日でした。

そもそも、ロルフィングとは、、。生化学者ロルフ博士により開発されたBody work で、筋膜組織(筋肉を覆う膜)に働きかけることにより身体なバランスを取り戻し、スポーツにおけるパフォーマンス力の向上や快適でスムーズな日常生活を目指すものです。

といっても、分かりにくいですよね、というか見当もつかないですよね。一言でいうのは難しいのですが、、、。
ロルファー(施術する人)の方とのコミュニケーションによって自分の身体を知り、バランスの崩れているところに気つき、そのバランスを取り戻すために導いてもらう、という感じです。
特に私の13回のセッションはモニターの役目もある為、お互いの為にできる限りのコミュニケーションをとっていきます。

具体的にどんなことをするのかというと、まずその日のテーマになる身体のパーツ中心にをロルファーさんが目で確認します。そこから身体のバランスを診断し私に伝えてくれ、その言葉から私自身もそのことに気ついていきます。心当たりのある癖やトラウマを思い返しながら、、。
そして、見つけることのできた崩れたバランスをロルファーさんの手を通して整えていくのです。今日の3回目は足にフォーカスしたのですが、単なるマッサージとは違う、手の圧力(時には足も使います)でバランスに合わせて身体の組織をほぐしていきます。

呼吸にフォーカスした初回と2回目はロルファーさんの手によって全身がバランスよく自然に呼吸できるように導いてもらいました。それは手の圧力とかではなく”やっと歩けるようになった子供がお母さんが手を叩いて教えてくれる正しく、本来向くべき方向にむかった”ということに似ているような気がします。

効果の程は、、、?ここ、重要ですよね。
あるんですよ、ほんとに。時には施術の最中、そして終わってからの駅までの道のりの中で、もちろんそのあとで、、。

前回は呼吸、ということでしたが、施術の直前まであったひどい頭痛がとれ、呼吸に合わせた動きの鈍かった左の鎖骨付近が右側とバランス良く動き始めたのです。そのバランスをとる為に調整を始めたのか、左の肺の真後ろ辺りの筋肉がかすかに筋肉痛です。

今日のテーマの足も、骨格による癖から動きの悪い筋肉にアプローチした為、これまでいつも冷たかった足先が温かくなったのです。それも一時的にでなく、、。
また、体重も足の裏にバランス良くかかっていることや、屈伸などの脚の動きも関節だけでなく筋肉もきちんと使っている、ということを確認できました。
 
3回目終了ということでまだまだいろんなことを学んでいくんでしょうが、似てるんですよね、Yogaとロルフィング。特にクリパルヨガの考え方に、、。
”今の自分自身に気つき、向けるべき方向に意識を向ける。無理をしないで、本来の自分に戻る”
まさにクリパルヨガのテーマなのです!!

残り10回、どんな発見があるのかすごく楽しみです。みなさんも、もし興味のあれば、HPを見てみて下さい。
http://rolf.cute-site.org/blog/cat3/






  1. 2006/07/03(月) 07:21:23|
  2. ロルフィング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< 前のページ