ヨガ&マクロビオティックインストラクター Kiyomiのひとりごと........
自然のバイオリズムにのって、なりたい自分になる方法☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ユカタン半島/シアンカアン セノーテ

週末は甥っ子の運動会に応援に行ったり、母や叔母と食事をしたり、早めに父の日のプレゼントを渡したりと家族との楽しい時間を過ごさせていただきました!
そんなのんびりした中、新聞を見るとテレビ番組でメキシコの世界遺産”シアンカアン/セノーテ”が特集されていたようですね。

セノーテとはメキシコ/ユカタン半島のシアンカアン生活圏保護区にある石灰岩層によってなるマヤ語で"雨の神様”という意味を持つ聖なる泉です。(シアンカアンとはマヤ語で”空が生まれた場所”です)
この地帯には数カ所のセノーテがありますが、私が訪れたのは世界遺産チェチェンイッツアの近くにある水深60mの聖なる泉でした。
世界一透明度の高い淡水のその泉には魚が泳ぎ、私たちも泳ぐことができます。ライセンスがなくてもシュノーケリングができますし、魚と共に普通に泳ぐことがでます。
洞窟の天井には大きな穴があり、そこから大木の根が水面まで長く伸び、空と水のブルーをつなげるかのようなこの神秘としか言えない様子でした。
光と暗闇の両方を併せ持つこの洞窟のセノーテで始めはこわごわ泳いでいましたが、その水の美しさにずっと浸かっていたいという気持ちになりました。
大きなエネルギーをいただきました!

ユカタン半島はカリブ海の青い海と青いそらに加えて、セノーテの青さもあります。カンクンはアメリカの一部(笑)のようなリゾート地ですが、プラヤ デル カルメンまで足を伸ばすとメキシコの雰囲気が満喫できますのですごくすごく楽しいです。そして世界遺産のチェチェンイッツアやトゥルム、セノーテでマヤ文明の神秘を感じられます。是非次の旅行の候補にしてみて下さい!!
DSC00167_convert_20090602230118.jpg DSC00181_convert_20090602225900.jpg DSC00253_convert_20090602230017.jpg
DSC00261_convert_20090602225756.jpg DSC00260_convert_20090602225702.jpg





スポンサーサイト


  1. 2009/06/02(火) 23:09:24|
  2. メキシコ・カリブ海、500時間YTT日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。