ヨガ&マクロビオティックインストラクター Kiyomiのひとりごと........
自然のバイオリズムにのって、なりたい自分になる方法☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

映画

このところ映画をよく観ています。

まず、心の闇や欲望、そして愛を独特のフランス映画のテイストいっぱいに描いた「あるいは裏切りという名の犬」。フランス映画好きにはたまらないようです。でも、バイオレンスシーンもかなりあるので要注意・・。

邦画ではもちろん(?)「愛の流刑地」。そして「それでもボクはやっていない」。加藤さんのファンになりました!

「マリーアントワネット」もすごくよかったです。
ソフィア・コッポラの抜群のセンスで描かれた彼女ならではの世界観。ご存じの通り、フランスを舞台にしながらも全編英語。そして、UKロックがBGM。
映像自体も”タージマハール”もビックリ(笑)のシンメトリーの美しさ!
スイーツや衣装もかわいくてセンスがいい!
パステルピンクを身に着けたくなりました。(照)

もうひとつは「幸せのちから」。
ウィル・スミスと実の息子くんとの初共演作で、実話を基にした作品です。
またこのクリストファー君(息子くん)がかわいい!お母さんもきれいな女優さんだから”そりゃー、こんなかわいい子が生まれるわけだー”という感じです。
クリストファーくんは映画の中でも本名と同じ名前で登場しているので、お父さんのウィル・スミスの本物の愛に満ちあふれた演技はなかなかでした。
そしてサプライズで感激したのは、エンディングロールの際の曲。私が最も好きなシンガーSealの「Father's way」でした。
以前は男女間のラブソングばかりだったSealもパパになったので、こんな違う形の”LOVE"を表現するようになったのだなー、とうれしくなりました。

そんなこんなで、映画を観ること楽しんでおります

次は何を観ようかなー・・。
スポンサーサイト




  1. 2007/01/28(日) 12:33:40|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiyomi160.blog73.fc2.com/tb.php/170-24394c80
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。