ヨガ&マクロビオティックインストラクター Kiyomiのひとりごと........
自然のバイオリズムにのって、なりたい自分になる方法☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アーユルベーダ

20080521070616
今回のアーユルベーダボディーワークのプログラムはクリパルヨガセンター”HERLING ATRS”の最高責任者&アーユルベーダコンサルタントであるHilary Garivaltisが少人数制で直接指導するというとってもレアなものでした。今回でレベル2を修了。※もちろんアーユルベーダドクターがオブザーブしています。

一日8時間近く、ひたすらアーユルベーダの哲学やトリートメントを学びます。トリートメントの練習はレシーバーにもなるのでずーっとオイル漬け。(もちろんとっても質のいいオイルなので、丸一日は洗い流さずにいます)

正直言ってKIできちんと勉強するまでは、アーユルベーダの3つの肉体とマインドのドーシャなどや食事法などがマクロビオティックと混同してしまいそうでしたが、そんな不安もすっかり解消でき、マクロビオティック同様アーユルベーダのパワフルさにすっかり魅了されました。

トレーニングは8名(男性1人)の小さなグループなので事細かな指導が受けられました。ちょっとびっくりしたのはVISHESH(ボディーマッサージ)は全裸(ショーツ代わりのタオルをおきます)で受けるのですが男性もフツーに一緒。はじめはなんだか照れていた私もすぐに慣れてフツーに真剣な施術してました(笑)。

春の緑と空気に囲まれた環境とオーガニックべジタリアンフード・ヨガ・アーユルベーダトリートメントですっかり心身ともに完全デトックスされた時間。ムーンサイクルも重なったのでまさに”REBORN”です。

鼻腔をクリーン(ミューカスを排出します)にし、3rd EYEをクリアにするNASYA(いわゆる鼻洗浄!)はすっかり朝の習慣になりました。

そしてこのプログラムを通して、ヨガの練習とは、日々の言動や心の持ち方、食事法、アサナ(ポーズ)や呼吸法はもちろん、アーユルベーダのトリートメントも欠かせないことがよくわかりました。本当にパワフルです。

写真は向かって左がHilary 右はメキシコから参加していたElizabeth
スポンサーサイト




  1. 2008/05/21(水) 07:06:16|
  2. アーユルベーダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiyomi160.blog73.fc2.com/tb.php/478-b88eeb66
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。